アカデミー賞Navi  >  アカデミー賞・助演女優賞
作品賞 主演男優賞 助演男優賞
監督賞 主演女優賞 助演女優賞
その他の賞についても随時追加していきます。


アカデミー賞・助演女優賞
は受賞作品、 はノミネート作品)
回数 対象年 女優名 出演映画
第77回2004ケイト・ブランシェットアビエイター
  ローラ・リニーキンゼイ(原題)
  ヴァージニア・マドセンサイドウェイ
  ソフィー・オコネドーホテル・ルワンダ(原題)
  ナタリー・ポートマンクローサー(原題)
第76回2003レニー・ゼルウィガーコールドマウンテン
  ショーレー・アグダシュルーHouse of Sand and Fog
  パトリシア・クラークソンエイプリルの七面鳥
  マーシャ・ゲイ・ハーデンミスティック・リバー
  ホリー・ハンターThirteen
第75回2002キャサリン・ゼタ・ジョーンズシカゴ
  キャッシー・ベイツアバウト・シュミット
  ジュリアン・ムーアめぐりあう時間たち
  クイーン・ラティファシカゴ
  メリル・ストリープアダプテーション
第74回2001ジェニファー・コネリービューティフル・マインド
  ヘレン・ミレンゴスフォード・パーク
  マギー・スミスゴスフォード・パーク
  マリサ・トメイイン・ザ・ベッドルーム
  ケイト・ウィンスレットアイリス
第73回2000マーシャ・ゲイ・ハーデンポロック
  ジュディー・デンチショコラ
  ケイト・ハドソンあの頃ペニー・レインと
  フランシス・マクドーマンドあの頃ペニー・レインと
  ジュリー・ウォルターズリトル・ダンサー
第72回1999アンジェリーナ・ジョリー17歳のカルテ
  トニ・コレットシックス・センス
  キャサリン・キーナーマルコヴィッチの穴
  サマンサ・モートンギター弾きの恋
  クロエ・セビニーボーイズ・ドント・クライ
第71回1998ジュディー・デンチ恋におちたシェイクスピア
  キャッシー・ベイツパーフェクト・カップル
  ブレンダ・ブレッシンリトル・ヴォイス
  レイチェル・グリフィスほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ
  リン・レッドグレーブゴッド・アンド・モンスター
第70回1997キム・ベイシンガーL.A.コンフィデンシャル
  ジョーン・キューザックイン&アウト
  ミニー・ドライバーグッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
  ジュリアン・ムーアブギーナイツ
  グロリア・スチュアートタイタニック




第69回 1996 ジュリエット・ビノシュ イングリッシュ・ペイシェント
第68回 1995 ミラ・ソルビーノ 誘惑のアフロディーテ
第67回 1994 ダイアン・ウィースト ブロードウェイと銃弾
第66回 1993 アンナ・パキン ピアノ・レッスン
第65回 1992 マリサ・トメイ いとこのビニー
第64回 1991 マーセデス・ルール フィッシャー・キング
第63回 1990 ウーピー・ゴールドバーグ ゴースト/ニューヨークの幻
第62回 1989 ブレンダ・フリッカー マイ・レフトフット
第61回 1988 ジーナ・デービス 偶然の旅行者
第60回 1987 オリンピア・デュカキス 月の輝く夜に
第59回 1986 ダイアン・ウィースト ハンナとその姉妹
第58回 1985 アンジェリカ・ヒューストン 女と男の名誉
第57回 1984 ベギー・アシュクロフト インドへの道
第56回 1983 リンダ・ハント 危険な年
第55回 1982 ジェシカ・ラング トッツィー
第54回 1981 モーリン・ステイプルトン レッズ
第53回 1980 メアリー・スティーンバーゲン Melvin and Howard
第52回 1979 メリル・ストリープ クレイマー、クレイマー
第51回 1978 マギー・スミス カリフォルニア・スイート
第50回 1977 バネッサ・レッドグレーブ ジュリア
第49回 1976 ビアトリス・ストレイト ネットワーク
第48回 1975 リー・グラント シャンプー
第47回 1974 イングリッド・バーグマン オリエント急行殺人事件
第46回 1973 テイタム・オニール ペーパー・ムーン
第45回 1972 アイリーン・ヘッカート バタフライはフリー
第44回 1971 クロリス・リーチマン ラスト・ショー
第43回 1970 ヘレン・ヘイズ 大空港
第42回 1969 ゴールディ・ホーン サボテンの花
第41回 1968 ルース・ゴードン ローズマリーの赤ちゃん
第40回 1967 エステル・パーソンズ 俺たちに明日はない
第39回 1966 サンディ・デニス バージニア・ウルフなんかこわくない
第38回 1965 シェリー・ウィンタース いつか見た青い空
第37回 1964 リラ・ケドロバ その男ゾルバ
第36回 1963 マーガレット・ラザフォード 予期せぬ出来事
第35回 1962 パティ・デューク 奇跡の人
第34回 1961 リタ・モレノ ウエスト・サイド物語
第33回 1960 シャーリー・ジョーンズ エルマー・ガントリー
第32回 1959 シェリー・ウィンタース アンネの日記
第31回 1958 ウェンディ・ヒラー 旅路
第30回 1957 ナンシー梅木(ミヨシ梅木) サヨナラ
第29回 1956 ドロシー・マローン 風と共に散る
第28回 1955 ジョー・バン・フリート エデンの東
第27回 1954 エバ・マリー・セイント 波止場
第26回 1953 ドナ・リード 地上より永遠に
第25回 1952 グロリア・グレアム 悪人と美女
第24回 1951 キム・ハンター 欲望という名の電車
第23回 1950 ジョゼフィン・ハル イブの総て
第22回 1949 マーセデス・マッケンブリッジ オール・ザ・キングスメン
第21回 1948 クレア・トレバー キー・ラーゴ
第20回 1947 セレスティ・ホルム 紳士協定
第19回 1946 アン・バクスター 剃刀の刃
第18回 1945 アン・リベア 緑国の天使
第17回 1944 エセル・バリモア None But the Lonely Heart
第16回 1943 カティナ・パクシヌー 誰が為に鐘は鳴る
第15回 1942 テレサ・ライト ミニヴァー夫人
第14回 1941 メアリー・アスター 偉大な嘘
第13回 1940 ジェーン・ダーウェル 怒りの葡萄
第12回 1939 ハティ・マクダニエル 風と共に去りぬ
第11回 1938 フェイ・ベインター 黒蘭の女
第10回 1937 アリス・ブラディ シカゴ
第9回 1936 ゲイル・ソンダーガード 風雲児アドヴァース



第8回以前は「主演女優賞」と「助演女優賞」の区別はなく、「女優賞」のみとなります。
「女優賞」については、「 主演女優賞 」のページをご覧下さい。